通常、大抵の食品には賞味期限や消費期限などが記されています。

しかし、アイスクリームをよく見ると、どこにもそれらしき記載が見当たらないこと知ってました?

アイスクリームといえば、いわゆる乳製品なので賞味期限などはむしろ厳格なイメージですが、なぜ記載されてないのでしょう。

省略することが出来る

実は、アイスクリーム類は保存方法と期限を省略することが出来るらしいです。そう決められているそうです。

まあ、保存方法は「言わなくてもわかるでしょ」ってことですかね。冷やさなければ原型をとどめておけないですからね。

ただ、賞味期限は記載があってもいい、というか書いてなければ困るでしょ、なぜ省略する?と多くの方が思うでしょう。少なくとも私は思います。

なぜ、省略できると決められているのでしょうか。

賞味期限の無い理由

よく考えればわかるところもあり、言われてもわからないところもありますが、以下の理由でアイスクリームには賞味期限の記載が無いとのこと。

マイナス20度以下で保存されるから

結構、低いのですね。ということは家庭の冷凍庫ってマイナス20度以下なんですね。知りませんでした。スイマセン。無知で。
つまり、それだけ低温だと細菌が繁殖し増えることが無いので安全だ、ということだそうです。

品質変化がほとんど無い

この辺は私も良く分かりませんが、アイスクリームって他の冷凍食品と比べて品質が安定しているらしいのです。

原料が安定しているため、品質がほとんど変化しないのも理由の一つなのだそうで。本当ですかね。

見た目で判断できる

最初は何だそりゃ?素人は見た目じゃわからないだろ、と思いましたが言われてみればそうかも、と思いました。

一旦形が崩れた、つまり溶けたアイスクリームは元に戻らない、ということだそうです。

逆を言えば、見た目がきちんとしていれば、それは溶けたことのないアイスクリームなので正常と判断できるということですね。

でも記載があるのもあるらしい

消費者の中には神経質な方もいます。それは時代に比例して増えてる印象ですよね。私だって気にしないわけではありません。
ということから、省略できるけどあえて記載するメーカーも増えているとのことです。

正直、アイスクリームに限ってはいままで賞味期限なんて気にならなかったので、どれほどの割合で記載しているのかなんてわかりません。

今度、アイス買うときに見てみようとは思いましたけどね。

ちなみに、この記事自宅で執筆していますが、家の冷凍庫にカップ型のアイスクリーム2つと、スティック型で一箱に6本入っているタイプがありました。全部、〇永製品です。

よーく隅々まで見ましたが、たしかに賞味期限は書いてません。スティックのやつも、外箱も小分けの袋も見ましたが、書いてありませんでした。

まとめ

まぁ、別にまとめようもないのですが、いったん蓋を開けて開封してしまったアイスクリームは、いくらマイナス20度以下で保存しようと、早めに食べましょうと、どっかのメーカーHPに述べてあったので、最後に言っておきます。