世には実に様々なダイエット法があり、もはや星の数ほど、は言い過ぎですが半端な数ではありませんね。

そんな中で、これなら出来そうだから実践してみようかな~と思えたダイエット法をいくつか挙げてみました。

豆腐ダイエット

本当に実践するのは、ちょっと辛そうだけど確実に効果が期待できそうと思えたのが、豆腐ダイエット。

いわゆる置き換え型ダイエットで、一日一食だけ白米の代わりに豆腐を食べる、つまり御飯とおかずではなく豆腐とおかずで食事するというもの。

これを毎日、しかも夕飯で実践したら痩せないわけないと思いますよね。もちろんおかず次第なところもありますが、ご飯と豆腐ではカロリーの差は明らかです。

まあ、満腹感を得るために豆腐時におかずを多く食べたら意味ないでしょうけど、いつも通りの量なら効果は絶大、という気がします。

でも、夕食時にやると確実に就寝時には腹が減ってきますよね。空腹感で眠れなくなりそうです。

夜トマトダイエット

名前のごとく夜にトマトを摂取する方法ですが、豆腐ダイエットのような置き換えダイエットではなく、夕飯に必ずトマト料理を一品追加するというダイエット法だそうです。

トマトには脂肪燃焼の効果があると言われていて、ご存知リコピンなど美容健康に良い成分が豊富。それを毎日欠かさず摂るということですね。

まあ、効果のほどは定かではありませんが、ネットの口コミ等を見る限りでは効果が表れた方が少なくないようです。

もちろん人によって痩せた痩せない、効果があった無かったの個人差はあるでしょうけど、実践は楽です。ただトマト料理食べるだけですから。

ただし、少なくとも半年は続けないと効果は目に見えてこないとのこと。個人的に半年トマトはきついですね。

ヨーグルトワインダイエット

ヨーグルトといえば、乳酸菌などの豊富な善玉菌で腸内環境を整えてくれることで広く知られていますが、そのヨーグルトとワインを一緒に摂取するというダイエット法だそうです。

ワインには、これまた広く知られているポリフェノールが含まれており、抗酸化作用あるといわれていますね。

そして、ヨーグルトとワインを一緒に摂取すると、ヨーグルトのビタミンとワインのアントシアニンの働きで、過酸化脂質の除去が強化されるとのこと。

摂取量の目安としては、ヨーグルト100gに対してワインを大さじ2杯程度。ワインは味の相性なども考慮して、赤ワインがおすすめ。食前に食べるのが効果的とされています。

小腸もみダイエット

ダイエット法を検索していて一番目についたのがこれ。一番多かったということではなく、一番名前にインパクトがあったダイエット法。

だって、小腸もみですよ。小腸揉んじゃうの?ってかんじですよね。まぁ、実際はお腹を揉んでマッサージ的な方法です。そりゃそうです。小腸を直に揉むわけありません。

へそを中心として時計回りに揉んでいくそうです。指3本で半径5cm程度の円を描くような感じ。リラックスしている時が良いとのことなので、就寝前とかがいいかもしれません。

お腹を揉むだけなので、時と場所を問わず出来ますね。お通じが良くなったとの声もありました。と思えばほとんど効果なしという意見も少しだけ。個人差があるようです。