何をするにも「いや!」「やだ!」と駄々をこねたり泣き叫んだり…

「魔の2歳児」と呼ばれる次期は子育て経験のあるママやパパなら経験されている方も多いはず。

あれもこれもイヤイヤと言われると、じゃあどうしたいの!とイライラしてしまいますよね。早ければ1歳半頃から始まり、長くて3歳ころまで続く子もいるといわれています。

そんな大変なイヤイヤ期をママたちはどうやって乗り越えているのでしょうか?

イヤイヤ期はなぜ起こるの?

イヤイヤ期の原因は「自我の芽生え」によって起こるとされています。

0歳の赤ちゃんの時期には自分と他者との区別ができていません。

それが1歳半から2歳にかけて少しずつ自分と他人は別の存在だということを認識し、自分のことは自分でやってみたい!自分が思った通りにしたい!という自我が出てくるのだそうです。

その自我を周りに制限されたり、思った通りにいかないもどかしさをまだうまく感情表現できないため「イヤ!」という言葉で伝えようとしているのですね。

イヤイヤ期にはどう対処していけばいいの?先輩ママのイヤイヤ期との付き合い方は?

ママが準備した洋服を着るのはイヤ、靴を自分で履かないとイヤ、いつどんな時にイヤイヤのスイッチが入るかわからず、急に癇癪を起されてイライラしたり途方に暮れることも少なくはないのではないでしょうか。

こんな時は叱るとさらにイヤイヤがヒートアップして収拾がつかなくなります。

ではイヤイヤ期を経験してきたママ達はどうやってこのつらい時期を乗り越えているのでしょうか?

子どもの○○したいという気持ちを受け入れる

まずは何といっても子どもの気持ちを受け入れることが大切です。

子どもの言い分に対して「ダメ」「ママの言うことを聞きなさい」と返してしまうと、子どもは自分の主張を否定されてしまったと思いさらに拒絶が強くなります。

これはイヤ、○○がいい、○○がしたいといった主張はまず受け止めてあげましょう。

「これはイヤだったんだね。こうやってやってみたいんだね。」と子どもの言葉をオウム返しするだけでも、子どもは「ママは自分の気持ちをわかってくれた」と感じます。

自分で靴を履きたいなら、履ける履けないにかかわらず挑戦させてみる。それが自分でできるできないに関わらず、自分でやりたいことに挑戦できたとい体験が大事なのです。

ですがなんでもかんでも受け入れて好き放題させるのは禁物!危険なことやただのわがままにはしっかり理由を言い聞かせながら「ダメ」と教えましょう。

選択肢をいくつか提案して選ばせる

今日子どもが着る服や使うコップなどをママが決めていませんか?せっかく準備してもイヤイヤ期の子はそれが気に入らず癇癪を起すこともしばしば。

こういう時はいくつか選択肢を出して「これとこれ、どっちがいい?」と、子ども着るものや使うものを決めさせてあげましょう。

自分でなんでもやりたい時期なので、自分で選べると満足してその後の行動もスムーズにいくことが多いです。

見通しを持たせてお約束

子どもが遊びに夢中になってご飯だよと言っても遊ぶのをやめなかったり、公園で遊ぶといつまでたっても帰らない。こんな時に「もうご飯だからやめなさい。」「もう帰るよ。」と無理やり子どものしていることをやめさせると大暴れ、なんてことはよくある光景です。

大人ですら他の人に自分が夢中になっていることを途中で邪魔されたらイラっとしますよね。

直前に「もうおしまい。」と言ってやめさせるのではなく、先に「ご飯の時間になったらあ片付けしようね。」「時計の針がここまできたらおしまいだよ。」と先に見通しをもたせておくと、子どもも「ママとお約束したから。」と約束したタイミングで遊びをやめることができるようになります。

まとめ

いかがでしたか?ちょっとした接し方の工夫で子どものイヤイヤを回避できるのですね。

とはいえ、いつも子どものイヤイヤを優しく受け入れてあげようとしても忙しいママには大変で思わず叱ってしまうこともあると思います。ママ自身もしんどい時は無理せず、心に余裕があるときに思いっきり子どもに優しく接してあげましょう。

子どものイヤイヤ期は誰しもが通る重要な成長の通過点。なるべくママも子どももニコニコして過ごせたらいいですね。