梅雨が終わるころ、半夏生の日がきます。暦の上で季節の移り変わりをあらわす節目の日のひとつです。

ハンゲショウと読みます。私ははじめてこの字を見たとき、ハンカショウかなと思った覚えがあります。「夏至」みたいに馴染みのある言葉ではないじゃないですか?

最近は、タコを食べる日として有名になってきたようですね。

半夏生ってどんな日?

半夏生は、7月2日頃になります。夏至の日から数えて決まるそうです。

昔の農家では、夏至の日から半夏生がくる前までに、田植えを行うという習慣だったのです。田植えを終わらせて半夏生はお休みすることが多かったようです。

半夏生には、地域によりますが、いろいろな禁忌(してはいけないこと)がありました。

  • 野菜が毒を持つので収穫してはいけない
  • 葱畑に入ってはいけない
  • 縁起の悪い竹の花が咲くかもしれないので竹林に入ってはいけない

三重県では「ハンゲ」という妖怪が出るから仕事に行くなという話まであったとか。

この時期には大雨が降ることも多いし、田植えの疲れが出る頃なので、しっかり体を休めるようにとの昔の人の知恵だったらしいですよ。

半夏生にタコを食べるのはどうして?

半夏生にタコを食べる習慣はもともと近畿地方の限られた地域の風習だったそうです。

それがタコの販売促進キャンペーンに使われて「タコの日」なんてことにもなって全国に広がっているようですね。

タコにはタウリンという栄養素が豊富です。タウリンは栄養ドリンクによく入っている成分で、疲労回復に役立つんですね。

田植えで疲れた体を癒やし、暑い夏に向けて体力を付けるのにぴったりな食材だったというわけです。

昔の人は「タウリン」なんて知らなかったと思いますけど、経験から学んだのか、賢いですよね。

タコを食べない地方もある?

半夏生によく食べられるのはタコだけではなく、地域によって違う食材が使われることもあります。

うどん県といわれる香川県では、やっぱりうどんを食べるんだそうです。ちょうど小麦が収穫される時期なので、お祝いとして食べていたようです。

福井県を中心に、サバを食べる習慣もあります。江戸時代に始まったそうですが、昔は新鮮な魚が貴重だったので、スペシャルなごちそうだったでしょうね。

まとめ

半夏生は植物の名前でもあります。まさに半夏生の頃に咲く、ドクダミ科の花です。

この草は葉に特徴があり、緑色の葉っぱの一部が白く変わって、まるで半分化粧をしているよう(半化粧・ハンゲショウ)に見えるんです。

ダブルの意味があって面白いですよね。

現代でも暦の節目の日を気に留めて、季節を感じるのは楽しいことです。半夏生のあとは、暑い夏がやってきますね。