毎年夏になるとニュースでは連日猛暑日が続いてますと流れます。

猛暑日とは35度を越えた時に使うのですが、こんな日が毎日続くと熱中症になりますので、エアコン等を使用して体調を調整したい所です。

しかし、エアコンを使用しようとしても全く効かず、暑いままだったという事はありませんか?

それは何故なんでしょう?ここでは猛暑日に何故エアコンが効かないのか、またその対策にについて紹介します。

エアコンが効かない理由

理由はいろいろあるようですが、よくある代表的な「エアコンが効かない、効きにくい」理由をいくつか述べてみます。

エアコンの故障

単純にエアコン本体が故障、または室外機の故障によって効かないかもしれません。猛暑日になる前に1度確認した方がいいでしょう。

気温が高すぎ

先程書いた通り猛暑日は35度以上を言います。外気温が高すぎた場合効かなくなります。

エアコンは室外機とセットですが、部屋の暑い空気を外へ逃がすのが室外機の役目です。

外気温が30度程だと室外機付近は35度程度ですが、猛暑日だと外気温+直射日光もあり40度を越える場合があります。

そうなってしまうと冷やす事が出来なくなりエアコンが効かなくなるわけです。

家自体が暑い

アパートやマンション住まいだと室外機が屋上に置いてる場合があります。

屋上は周囲に遮る物がない場合直射日光を浴びますのでエアコンが効かなくなりますし、猛暑日程の暑さですと、家の外壁に熱がこもってしまいます。

これもエアコンが効かない原因になります。

エアコンを効かせる為には

では、どのようにすれば猛暑日でもエアコンが効くようになるのでしょう。

室外機付近を冷やそう

猛暑日は避けれませんので、室外機を冷やす対策をしましょう。

室外機に直射日光が当たらないようにすだれをかけたり、周囲に打ち水をして気温を下げる事でエアコンの効きが良くなってきます。

掃除をする

定期的に掃除をする事が大事です。ほこりが溜まっていると熱を外に排出する事が出来にくくなり、冷やす事が出来なくなります。

また、室外機付近の掃除もしましょう。室外機のホースに虫が入り込む場合があります。これもエアコンの効きが悪くなる原因です。

まとめ

毎年猛暑日が続く日が多くなります。熱中症になる人もニュースで出ますね。

節約の為と言ってエアコンを使わない人もいますが、体調を崩しては意味がないので、無理ないよう、適度にエアコンをつけるようにしましょう。

また、夏前に1度皆さんの家庭のエアコンをチェックしておきましょう。